アルバイトで借りやすくなるか否かに関わる3つのポイント

アルバイトとして働く多くの方々は、キャッシングで借りたいと望んでいます。ただその方々は、不安を抱えているのも事実です。果たして通るかどうかの問題があるでしょう。

現にその職業属性の方々が落とされる事は、確かにあります。そのような話を耳にすると、確かに不安になってしまいますね。

アルバイターの方々が問題無く借りる為には、主なポイントは3つあるのです。まず1点目ですが、タイミングなどは大切なポイントになります。

融資関連の商品では、基本的には勤めた年数は重視される事になるのです。一定年数以上でないと難しいケースも多いですが、1つの目安は1年ですね。年数が数ヶ月前後の方々よりは、やはり1年ほど勤めたアルバイターの方が有利なのは間違いありません。ですので勤めてから数ヶ月のタイミングで申し込みをするよりは、少し待った方が良い事もあります。

2つ目のポイントとしては、融資希望額をあまり高く設定しない事です。むやみに高く設定すると、落とされる確率は高まります。

というのも金融会社から調達可能な額には、やはり限界はあります。無制限ではありません。原則として年収の33%前後に制限されますので、それ以上の希望額にしないよう注意が必要です。ですので年間収入が200万程度ならば、やはり70万以上などにしない方が良いでしょう。その年収ならば、もちろん60万円台以下などと低めに設定するのが望ましいです。

それと、申込む会社の選定も重要なポイントになります。そもそもアルバイトという属性ですと、会社によって借りやすさも異なるからです。金融会社によっては、アルバイトの方々に対する審査基準が少し厳しめな事もあります。もちろんその逆の会社も存在する訳です。ですので着実に借りたいと望むならば、よく下調べなどを行った上で、できるだけ慎重に会社を選ぶのが望ましいでしょう。

以上のタイミングと希望金額と会社選びという3点が、アルバイトの方々が申し込む時の主なポイントになります。